加圧トレーニングで部分痩せは可能なのか。

ポッコリお腹、パンパンの太もも、振袖のような二の腕など人それぞれ気になる場所が違いますよね。
本音としては、気になるところ全部を細くしたいと思うのですが、なかなかそうはいきません。
それならば、気になる部分だけでも痩せたい!筋肉を付けたいと思うのが本当のところです。

加圧トレーニングでは、気になる部分だけをねらった部分痩せは、可能なのでしょうか。

そもそも、部分痩せというのは難しいと言われています。

脂肪が落ちるときは、全体的に落ちていきます。

部位により落ちやすさが違うので、全体的に落ちるといっても、均等に落ちるわけではありません。
脂肪が落ちやすい部位として言われているのは、胸や背中で骨格がしっかりとある部分です。

逆に落ちにくい部分は、骨格のしっかりしていないお腹だそうです。

しかしこれは、あくまで普通に運動をし、意識せずに過ごしていた場合です。

加圧トレーニングのように、脂肪を分解しながら筋肉をつけることができれば、ある程度ねらった部位の引き締めは可能でしょう。

その後、意識的に痩せたい部分を使うこと、つまり筋肉を動かすことが大切になってきます。
日常よく使う部分は脂肪がつきにくいとされています。

また、筋肉を動かすことで血流がよくなるため、むくみにくくなり、すっきりした体作りが可能です。
お腹が気になる人は、腹筋に力を入れながら背筋を伸ばして生活する、それがおなかの部分痩せにつながるでしょう。

加圧トレーニングに限ったことではありませんが、筋肉をつけ、意識を変えることで部分痩せは可能となります。

加圧トレーニングでは、軽い負荷で筋肉量を増やすことができるので、部分痩せのベース作りにちょうどいいのではないでしょうか。

普通のトレーニングと違い、短時間で効果を得ることができるのが加圧トレーニングになります。
そのため、普通の筋トレよりも、加圧トレーニングを行う方が、時間的にも部分やせに適しているといえるでしょう。

最近では、加圧シャツ、着圧シャツと言われる、トレーニングシャルも販売されています。
加圧シャツを普段から着ることで、お腹周り(腹筋)、背筋などを強化することができます。

お腹の脂肪や、腹筋などの部分やせをしたいのであれば、加圧シャツを取り入れることもおすすめです。
加圧シャツを着るだけでなく、同時に筋トレなどの運動を行うと、より効果的といえます。

あなたも、部分やせを加圧トレーニングで取り入れてみてくだいね。

コメントは受け付けていません。