加圧トレーニングはどのくらいの期間で効果がでるのか?

加圧トレーニングで基礎代謝をあげ、太りにくい理想的な体を手に入れられると嬉しいですね。

筋力アップだけでなく、ダイエットにも効果があるとされ、多くの人がトレーニングに取り入れています。

でも、加圧トレーニングで気になるのは
「一体、どれくらいの期間で効果がでるの?」
ということですよね。

実際、加圧トレーニングは、どのくらいの効果があるのでしょうか。

人それぞれ体質が違うので一概に言えませんが、もともと筋肉量の少ない人は効果が表れやすい傾向にあります。

筋肉量が多い人に効果がないというわけではありません。

効果が表れるまでの時間に差が出てくるそうで、早い人で1ヶ月、遅い人でも3~4ヶ月と言われています。

トレーニングの頻度によっても変わってくるので「必ずしも。」というわけではありません。

あくまで目安と思って下さい。

ですので、最低でも3ヶ月は継続して加圧トレーニングをしてみて判断してください。

また、得られる筋肉アップに関しても、正確にどの程度のように数値化されておらず、人それぞれのようです。

加圧トレーニングは、500ミリのペットボトル程度の負荷がほとんどのようで、
「こんなものでいいのか?」
というくらい軽い負荷で行います。

それでも、もともと運動量の少ない人にはかなりの筋肉痛があらわれます。
内出血ができたという人もいます。

無理やり血流を制限して加圧するのですから、トレーニングを行う時はかならず専門のスタッフがいるジムで行ってください。

負荷に関しても人それぞれで、ほとんど筋肉痛を感じない人もいます。

筋肉痛や、負荷をあまり感じないからと言って
「本当に加圧トレーニングになっているのか?」
と疑問に思う人もいます。

負荷をあまり感じないからといって、筋肥大の効果が期待できないわけではありません。

どんなことも同じですが、まずは続けてみることが大切ではないでしょうか。

筋肉は直接目で見ることができないので、機械で筋肉量測定をしないと、本当に増えているのか正直分かりませんよね。

汗をかきやすくなった、服のサイズは変わっていないのに体重が増加した、平均体温が上昇した、などの変化があらわれれば効果が出てきていると考えていいのではないでしょうか。

自分の体ですから、変化にはなかなか気が付きにくいものです。
でも、まずは継続しての加圧トレーニングを忘れないで下さいね。

もちろん、体に不調が見られるようであれば、トレーニングは中止してください。

コメントは受け付けていません。