加圧トレーニングで成長ホルモンが分泌!?その効果とは?

今話題になっている加圧トレーニング。
バンドを締めることで、血流の流れを制限することで、短時間で筋力アップをさせることができるトレーニング方法です。
しかし、加圧トレーニングの効果は筋力アップだけではありません。

加圧トレーニングによって成長ホルモンの分泌も促進されるんです。

加圧トレーニングでは、成長ホルモンの分泌を促進することで早く筋肥大を起こさせています。

では、実際に成長ホルモンを分泌させることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

成長ホルモンは、組織の成長を促進することと、代謝のコントロールをすることを主な働きとしています。

組織の成長といっても、単に細胞を増やしたり、大きくしたりするだけではありません。

壊れた細胞を修復し、細胞同士の繋がりを強くして、より組織を強いものへと導きます。
これによりケガが治ったり、疲れが回復したりしています。

筋肥大が起こるのも、成長ホルモンの作用によります。

さらに、こうして体が修復され、正常な状態に保たれることで、免疫がしっかりと機能するのです。

また、細胞の修復作用により肌のハリが保たれ、シワやたるみ予防となりアンチエイジングに一役かうでしょう。
加圧トレーニングが女性にも人気となっているのは、アンチエイジングなど効果もあるからでしょう。

もう1つの働きである代謝のコントロールでは、脂肪の燃焼が促進されます。
成長ホルモンがしっかり分泌されることで、体脂肪がたまりにくい体作りができると言えるでしょう。
つまり、加圧トレーニングではダイエット効果も期待できるということになります。

成長ホルモンは、体を健康に導いてくれるホンモンです。

成長ホルモンは、成長期にたくさん分泌されますが、加齢と共に分泌が少なくなっていきます。
だからこそ、人は老いていくものなのですが、できればいつまでも若々しくいたいものですよね。

健康でいるためにはいくつになっても、この成長ホルモンの分泌を促進することが大切と考えられるでしょう。

加圧トレーニングは、年齢に関係なく、低負荷で成長ホルモンの分泌を促し、筋肥大を引き起こすものです。
しかし加圧トレーニングは、単に筋肥大を起こすだけではありません。

体の健康維持、アンチエイジング、ダイエットとさまざまな効果が期待できるでしょう。
このように成長ホルモンの分泌を促すことには、多くのメリットがあると言えます。

筋力アップだけでなく、その他の効果も見込めるのが加圧トレーニングといえます。

コメントは受け付けていません。