筋トレは毎日やるな!効率的な頻度はコレ!

今までの筋肉トレーニングは「毎日やればやるほど効果がある。」とか「少しでも負荷をかけてしっかりと筋肉を鍛える。」という方法が効果があるという常識だと思われていました。

しかし、筋肉は使えば使うほど筋肉は鍛えられるもののそれ以上に疲労を溜めることにもなってしまい、かえって筋肉の強度を弱めてしまうこともあります。

どういうことなのかというと筋肉自体が疲労を起こしてしまうのです。

負荷を大きくすることによって筋肉を傷つけるのですが、それが修復されることによって筋肉がさらに強くなっていくのです。
なので筋肉トレーニングを毎日やっても筋肉を傷つけるだけで、筋肉疲労が蓄積されていき修復がされないのです。

ところが、筋肉トレーニングを休み、筋肉を休める期間を作ると筋肉は驚異的な修復して回復することがわかっています。
これを「超回復」というのですが、この超回復をうまく利用して筋肉トレーニングをすることによって、効率よく筋肉を鍛えることができるのです。

では、どのぐらいの頻度で筋肉トレーニングをしてどのぐらい休ませればいいのか?
それを知って、効率よく筋トレを行っていきましょう。

筋トレが効率的になる頻度とは?

筋肉の回復には、大体48時間から72時間くらいといわれていて、1日筋肉トレーニングしたら2日から3日は休むというペースで筋肉トレーニングをすればいいので、大体週に2回から3回程度の筋肉トレーニングで十分鍛えることができるというのです。

しかし、理論上ではそう思っていても本当にそうなるのか疑問に思うだろうと思います。

それは超回復が必要なほど鍛えられているのかによって変わってくるのです。

ボディービルダーやアスリートの様に筋肉を苛め抜いて鍛えているような人であれば、トレーニングをしてしっかり筋肉を休めることによって超回復をしてどんどん体を鍛えることができるのです。

しかし、一般の人の様に自宅で腕立て伏せや腹筋している程度であれば筋肉への負担もそこまでないので回復までの時間もそこまで必要がなく短時間で済むのです。

ただし、毎日やるのは筋肉疲労を蓄積するので1日おきくらいのペースでトレーニング方法によって変えていく必要があるのです。

特に自重トレーニングのような器具を使わないトレーニングであれば回数にもよりますが休憩する時間を短縮しても大丈夫なのです。

筋肉痛にならないくらいの頻度で筋肉トレーニングをしていけば効率よく筋肉を増やして鍛えていくことができるので自分の体とよく相談してトレーニングをしていくことが必要なのです。

コメントは受け付けていません。