筋トレは〇〇前にやれ!時間帯によって効果が変わる?

男として理想のカラダを作り上げるためにも、「筋トレ」は永遠の課題となります。

その課題に対する一番の問題は「時間」ではないでしょうか?

仕事や家事にトレーニングの「時間帯」が圧迫されなかなか継続できない。
もしくはモチベーションが長持ちせずトレーニングをする「時間帯」を見失ってしまう人もいるかと思います。

そのような人たちに「筋トレに最適な時間帯」を提案したいと思います。

日常生活においてトレーニングを導入しようというときに、始めのうちはどうしてもトレーニング自体が高い壁となってしまいます。
その壁を越えることが困難になってしまうと考えられます。

そこで、「筋トレの習慣」を日常の動作に導入し、トレーニングを自然なものとして意識することがその壁を越える近道となります。

トレーニングを自然なこととして実現する前の段階として、「人としての自然」を理解し利用することが最も重要となります。

ここでの「人としての自然」を食事・睡眠として考えます。

この自然の中にトレーニングを少しずつ定着させることで、その行いがあたかも「人としての自然」なものであると認識し、効率的に継続できるのではないかと考えられます。

筋トレに最適な時間帯はいつになるの?

それでは、具体的にその自然なトレーニングをいつ行うことができるかを考えましょう。
第一に、人は食事をすることで活動するエネルギーを得ることができます。

しかし、食事後は摂食したものを体内で消化するために体力を消費し、その後の行動や意識が鈍くなります。

そのため、もし食事前後でトレーニングを導入する場合は「食事前」がおすすめです。

「食事前」にトレーニングをすることで、効率的に鍛えたい部分を鍛えることができるのではないでしょうか。

また第二に、人は睡眠をすることで一日の疲れを癒すことができます。

人の日常を考えたときに睡眠前は疲れがあるので、「睡眠後」つまり起床したときに体力が最もあり、このように「筋トレに最適な時間帯」というのは「食事前」と「睡眠後」であるということが認識できると思います。

朝起きてトレーニングをして朝食を美味しく食べる。さらに昼食前に、ほんの少しトレーニングをして昼食も美味しく食べて、ダメ押しで夕食前にトレーニングをする。
その日を振り返りながら夕食をいただき、最後にその日の疲れを癒すためにぐっすりと眠るという幸せなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

そのような「人としての自然」を行う「時間帯」に「筋トレ」を導入した日々を繰り返すことにより、男として理想的なカラダを手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。