筋トレ時にプロテインを飲む理由。どうして摂取が必要なのか?

筋トレ時のプロテインの使い方を知っていますか?
筋トレをした直後から30分以内がゴールデンタイムとも言われる時間帯です。
この時間帯にプロテインを飲むのが良いと言われています。

ゴールデンタイムの時間帯が、最も有効的にプロテインを傷ついた筋肉の修復に使うことになると考えられています。

ただ、ゴールデンタイムの時間帯を過ぎれば意味がないのかというとそうではありませんが、ゴールデンタイムであれば、筋トレによって切断されたりした筋繊維を効果的に修復できる時間ということになると考えられています。

筋繊維を修復しようとした時に、必要な栄養が不足していると筋繊維は修復することが出来なくて後回しにされることになります。

結果筋肉の付き方が悪くなると考えられています。

筋トレの後に同時に摂取したいのが炭水化物です。
炭水化物も、筋肉を作る時には欠かすことが出来ないものですから、これも出来るだけゴールデンタイムで摂取するようにしたいところです。

ゴールデンタイムにプロテインを摂取すべし!

筋トレをすると、どういうことが体に起きるのかとというと、大きな負荷をかけると筋肉を傷つけることになります。

筋肉が修復されるときに、その負荷に耐えられるように修復されていくのがトレーニングの効果ということになります。

自然治癒力の一つだと考えられますが、この治癒の力で治るときに以前受けた負荷にも耐えられるようなことも考えて修復されていくのが筋肉の不思議なところでもあります。

そのため、トレーニングを続けていくとだんだんと筋肉は太くなり、大きな力を発揮できるようになり、大きな負荷にも耐えられるようになっていくというわけです。
ただ、修復の時には当然、修復のもととなる栄養が必要になります。

筋肉はタンパク質から出来ていますから、たんぱく質を修復時には多く補ってあげる必要があります。

その栄養の元となるのがプロテインというわけです。

名前はたんぱく質という意味があるぐらいの言葉ですから、まさにたんぱく質を効果的に吸収できるように考えられたものということがいえるでしょう。

プロテインがないと、折角のトレーニングで鍛えたことも無駄になってしまう可能性もあるわけです。
プロテインは、たんぱく質を効果的に摂取することができるように考えらた栄養補助食品ということになります。

プロテインを体内に取り入れることで、筋肉の元となる栄養源を取り入れることが出来るようになり、トレーニングで傷ついてところの修復が効率よく出来るようになるというわけです。

修復はゴールデンタイムだけで行われるわけではありませんが、この時間が最も効率が良いと考えられています。

コメントは受け付けていません。