筋トレが先?有酸素運動が先?行うべき順番とは?

痩せたいと願う方は多いですが、単に体重と体脂肪率を落として痩せるだけでは貧相なスタイルになってしまうので、同時に筋肉量も増加させていくことが望まれます。

しかし、実際に実践してみようと考えた場合、筋肥大を目指すための筋トレと、脂肪燃焼を目指す有酸素運動のどちらを先に行えば良いのかが不明瞭です。

そこで念頭に置いておくべき事柄は、筋肉量を落とすことなく脂肪量を減らしたい時には、筋トレを講じた後に、有酸素運動に移行していくという順番が最良です。

筋肉トレーニングで、筋肉を肥大化させると、消費されるカロリーが増え基礎代謝の向上が実現できます。
そのため、安静に過ごしている時でも脂肪分解の恩恵が得られるのですが、同時期に有酸素運動を組み込むと効果的な脂肪燃焼に繋がるのです。

さらに、効率化を図りたいと考えているのなら、分泌されるホルモンについても目を向けてタイミングを決定すると良いでしょう。

筋トレを講じた場合、体内には成長ホルモンと呼ばれるものが分泌されるようになります。
子供にとっては身長を高くする目的で働いてくれる一方、成人においては骨や皮膚、筋肉を強くさせてもらえるという魅力があります。

成長ホルモンが多く分泌されると血糖値が上昇し、脂肪分の分解が行われた上で血液内に放たれ遊離脂肪酸というものが燃やされます。

こうした点から、ホルモンがしっかりと分泌が行われている状況の時に有酸素運動を実行するのは、燃焼を望む時に非常に優れた頃合いだと言えるのです。

ところが、望ましい順序とは逆順で挑戦してしまうと、瞬間的に強い力を発揮しなければならないシーンで実力が出せないため、正しく負荷をかけることができず刺激に繋がりません。

刺激によって各部を大きくさせてより強い力を出せるようになったり、基礎代謝を高くすることが目的なので無意味な時間を過ごしてしまうことになります。

具体的なメニューとしては筋トレで正しく負荷をかけつつ、一通りの工程を済ませた上で軽度な水泳や自転車、ウォーキングに切り替えていきましょう。

筋肉トレーニングを終えた後で身体が温まっており、つい気持ちも高ぶってしまいがちになりますが、息が上がってしまうほど頑張りすぎるのは控えてください。

全力を出してしまうと無酸素状態に陥り逆効果になりますし、健康面に関してもリスクが大きくなるため、少し苦しいと感じられるような中強度のエクササイズを意識します。

また、特にスリムになりたい時は筋トレではなく有酸素運動に費やす時間を長めに確保してださい。

コメントは受け付けていません。